Stanesby Jr. Soprano in C, a’=415Hz

 Thomas Stanesby Jr.(1692-1754)によるD管ソプラノ(F.Brüggenコレクション所蔵)を基に設計されています。明るく輝かしい音色で音の立ち上がりが速く、Stanesby Jr.らしいキャラクターをa’=415HzのC管ソプラノで実現しました。音量豊かで音抜けも良く、G.Sammartiniのソプラノリコーダーのための協奏曲などを演奏するのにぴったりなモデルと言えます。

シバの女王の到着(ソロモンより) / Georg Friedrich Händel

使用楽器:Stanesby Jr. Soprano in C, a’=415Hz(製作 平尾清治)

演奏:Lucie Horsch

COPYRIGHTS (C) 2019 HIRAO RECORDER WORKSHOP ALL RIGHTS RESERVED