Bressan Soprano in Bb, a’=415, 412Hz / in A, a’=415Hz

 Bate Collection所蔵されているPierre Jaillard Bressan(1663-1731)のオリジナルソプラノリコーダーB♭管を基にしています。残念ながら全長を改変された痕跡があり、正確なオリジナルピッチは不明ですが、元の状態を推測して試作を重ねたところ、およそa’=412Hzとなりました。(写真左)

 通常のC管ソプラノから全音低く、落ち着いた雰囲気のソプラノです。4度フルートと呼ばれます。実に色彩豊かで、高音から低音まで色とりどりの音色を見せてくれる魅力的なモデルです。

 さらに、中足部管を半音延長することで替管としてA管にも対応しました。Bressanらしい音色と機能性を保ちながら、アルトとソプラノの中間のような不思議な響きを味わうことができます。(写真右)

COPYRIGHTS (C) 2019 HIRAO RECORDER WORKSHOP ALL RIGHTS RESERVED